中途採用支援を導入している会社は、採用の目的が明確で応募しやすく、それでいて選考スピードが速いのが特徴です。採用した人材とのミスマッチが少ないことから、応募する側としても安心できる求人となっています。気になる中途採用支援がある求人は、公表されている会社の情報や、求人の文面や選考方法によって判断することが可能です。自分の将来を左右する転職活動だけに、将来性がある会社を選ぶという点でも、中途採用支援の有無は重要なファクターと言えます。もはや中途採用なしでは企業の運営が成り立たなくなってきたので、即戦力の良い人材を採用するために費用を惜しまない会社を選ぶべきです。逆に、会社の都合だけで中途採用を行っている企業は、優秀な人材から敬遠されてしまって、人手不足で衰退していく可能性があります。

中途採用支援は基本的に人材紹介会社とセット扱い

会社の内部で使用する管理ツールを提供するだけの中途採用支援サービスもありますが、基本的に人材紹介会社とのセット扱いになっているので、どこかの人材紹介会社を通して応募するのかどうかでも判断できます。人材紹介会社を通す場合では、担当のエージェントが仲介役を果たすから、オンラインで登録したら、あとは担当者と面談した時点ですぐに求人を紹介されるパターンが少なくありません。オールインワンで書類選考までほぼお任せの中途採用支援サービスを利用している企業の求人では、直接会うのは数回の面接ぐらいになるのが特徴です。従来の選考を見直すといったコンサルティング的な中途採用支援サービスであっても、選考プロセスが合理化されているから各段階の採否がすぐに出てくる傾向にあり、全体的にレスポンスが早いなどの兆候が見られます。

会社のホームページなどの中身を精査してみよう

自社で中途採用支援サービスを利用していると公言する会社はあまり見られませんが、それでも会社の顔であるホームページなどをチェックすることで、部外者であっても利用の有無が分かります。たとえば、中途採用のページが整備中のまま放置されているのは論外であって、逆に充実した内容であるのならば、中途採用支援サービスによってブラッシュアップしている可能性が高いです。人材紹介会社と連携している場合は、該当する応募ページへのリンクといった候補者を逃がさないための誘導も行われています。社長の話についても、中途採用者を意識した具体性がある内容になっているのが一般的です。何よりも、中途採用支援がある求人では、中途採用ではどういった選考プロセスになるのかが明示されているか、あるいは、応募するための人材紹介会社がすぐに分かるので、文面によってもある程度の見当がつきます。